遠隔地の土地を売却する

土地売却のバイブルTOP >> 条件別 >> 遠隔地の土地を売却する

遠隔地の土地を売却する

土地を売却する時、それまで住んでいたところを売りに出すことが多いですが、それ以外のケースももちろんあります。たとえば以前から所有していた土地が遠隔地にあり、それを今回売りに出したいというケースもあるでしょう。

遠隔地の土地を売却する方法についてですが、基本は「事業を全国ネットワークで展開している不動産会社」もしくは「土地のある遠隔地の地域でサービスを提供している不動産会社」のどちらかに依頼することになります。どちらに依頼するにしてもまずは売りたい土地がどれくらいの価格で売れそうかを調べてみるといいでしょう。インターネットを活用すれば自分一人でもある程度までの情報を仕入れることができます。

「事業を全国ネットワークで展開している不動産会社」というのは当然事業の規模が桁違いなので、日本有数の大手不動産会社ということになります。この不動産会社に依頼すれば全国ネットワークを敷いていることから、現地にわざわざ行かなくても遠隔地の土地の売却を行うことができます。何かあったら最寄の店舗の窓口に行き、遠隔地の店舗と連携を取ることでスムーズなやり取りが可能です。

ただいくら全国ネットワークを展開しているといっても、地方の隅々まで網羅しているとはかぎりません。依頼する不動産会社にもよりますが、売りたい土地の地域が営業エリアに入っていなかったり、地方は地方でも都市部でなければ対応してくれないこともあります。その場合はこのタイプの会社の利用は諦めるしかありません。

「土地のある遠隔地の地域でサービスを提供している不動産会社」は全国展開していない分、どうしても中小規模の不動産会社となります。大手と比べるとどうしてもサービスが洗練されていない傾向にありますが、その代わり地域密着のサービスにより、売りたい土地の状況をすぐに把握できる可能性があります。

このように「事業を全国ネットワークで展開している不動産会社」も「土地のある遠隔地の地域でサービスを提供している不動産会社」もそれぞれ良い面・悪い面があるので、自分の売りたいスタイルに合った会社を選ぶことが大切です。

特にできるだけ親身になってくれる不動産会社を選ぶと満足いく土地売却がしやすくなります。不動産会社によっては契約を取りたいがために土地の売値を必要以上に高くすることがありますが、そういったケースだと売値自体は高くても買主がまったく現れないということになりがちです。

⇒ あなたの土地を最も高く見積もってくれる業者は?一括見積もりはコチラ!


Copyright (C) 2017 土地売却のバイブル【※好条件で土地を売るために】 All Rights Reserved.