共有名義の土地を売却する

土地売却のバイブルTOP >> 条件別 >> 共有名義の土地を売却する

共有名義の土地を売却する

土地は複数人でも所有できるもので、その場合、共有名義になります。共有名義になるケースは複数人で土地を相続した時や、夫婦や親子が資金を協力して出して土地を買った時など、さまざまです。どのような理由にせよ共有名義になった時は土地の売却について注意しておかなければなりません。なぜかというと、共有名義の土地を売るにはその所有者全員の同意を得なければならないからです。

共有名義の土地を売るにはまず持分割合についての理解が必要です。持分割合というのはそれぞれの土地の所有者がその土地に対してどれくらいの権利を持っているかを示す割合のことです。この分の権利は所有者が自由に行使することができ、他の所有者から制限を受けることはありません。ただし、この持分割合は土地の面積のことをいっているのではありません。面積については持分割合がどうなっていようと全体が所有者の共有となります。だからこそ土地(面積)を売る時は所有者全員の許可がいるのです。

自分の持分割合の確認方法についてですが、登記簿を見ればわかります。登記簿というのは法務局にあるさまざまな土地の情報が記載されている記録物のことで、手数料を支払えば誰でも受け取ることができます。登記簿には持分割合だけでなく、土地の所有者全員の氏名や住所などの情報も載っているので、何か土地について知りたいことがあればとりあえず確認してみるといいでしょう。

ちなみに自分の持分割合は他人に売ることができます。これは土地を売るのではなく、土地の権利を売ることになるので、他の所有者の同意を得る必要はありません。土地の権利の売買だからといって難しいことはなく、普通の土地を売る時と同じように売買契約をし、所有権を移転させるだけです。ただ単独ではなく共有者のいる土地の持分となるので、第三者が欲しがるケースは少なく、基本的には他の共有者に買取ってもらう形になります。

他の売り方についてですが、分筆すれば共有名義の土地も単独で売れるようになります。分筆というのはもともと1つだった土地を複数に分けることです。土地を分ければそれぞれ単独の所有者となるので、売却の際、共有者の同意もいらなくなります。

以上は土地共有者の同意を得られなかった時の売り方ですが、同意を得られているのであれば話は早いです。共有者全員が集まれるのなら全員で立会い、売買契約の書類に署名・押印し、その他必要書類を用意すれば売却できます。共有者全員が集まれない場合は代表者を決め、委任状をたくせば問題ありません。

⇒ あなたの土地を最も高く見積もってくれる業者は?一括見積もりはコチラ!


Copyright (C) 2017 土地売却のバイブル【※好条件で土地を売るために】 All Rights Reserved.