区画整理地の土地を売却する

土地売却のバイブルTOP >> 条件別 >> 区画整理地の土地を売却する

区画整理地の土地を売却する

区画整理というのは市区町村が行う道路整備にかかわる公共事業のことを指します。曲がりくねった道路を真っ直ぐにしたり、公園等の公共施設を建てたりしてその地域の宅地の価値を高めるのが目的です。そして区画整理地はその区画整理の公共事業の対象となった土地を意味します。どのような土地でもこの区画整理地の対象となるので、ある時、いきなり自分が所有していた土地が区画整理地になることもあります。この事業は5年〜10年、もっと長ければ20年以上もかかる大規模なプロジェクトです。

自分が所有していた土地が区画整理地になったら何が変わるかというと、たとえば新たな建物の建築がしにくくなったり、土地が移動されて住所が変わったり、土地の面積が狭くなったりします。このようにそれまでのように自由に土地の活用ができなくなるので、区画整理地になったことを機に土地売却を検討する人も多いのです。

区画整理地になったからといって売却が難しくなるということはありません。しかし、上記の「新たな建物の建築がしにくくなる」という点には気をつけておいた方がいいでしょう。土地区画整理法という法律では区画整理事業が行われている時の建築・増築・改築は許可を得なければならないとしているので、まったく建築ができなくなるわけではないのですが、やはりこれから土地を買って活用したい人にとっては大きな制限となります。そのため、区画整理地を売却する際は後々のトラブルを回避するために買主へ詳細な説明をし、理解を得ることが何よりも重要です(区画整理事業者が説明するべきことではあるものの買主からの質問は免れない)。

区画整理地は上記の通り土地の面積が狭くなるのですが、これを「減歩」といいます。減歩された分の土地は道路や公園などの公共用地に利用されたり、保留地として売却されて事業費に充てられたりします。これらの手続きは区画整理事業者が行うことなので、もともとの土地所有者はさほど気にする必要はありません。

そして減歩される前の土地を「従前地」といい、減歩後、移転される先の土地を「仮換地」といいます。これらの土地に関しては所有者が自由に売却することができます。ただ従前地を売却する場合でも結局は仮換地の土地が欲しい人に売ることになるので、区画整理地を売るということは仮換地を売ることと同じ意味です。ちなみに仮換地を売る時は従前地の住所・面積を使って売買契約の締結および登記を行うことになります。

⇒ あなたの土地を最も高く見積もってくれる業者は?一括見積もりはコチラ!


Copyright (C) 2017 土地売却のバイブル【※好条件で土地を売るために】 All Rights Reserved.