土地売却価格と路線価の関係ついて

土地売却のバイブルTOP >> コラム >> 土地売却価格と路線価の関係ついて

土地売却価格と路線価の関係ついて

路線価というのは公的に出された土地売却価格の指標のひとつです。つまり、土地売却をする時、売却価格がどれくらいになるのかある程度予想を立てておきたいものですが、路線価はその際に役立つのです。土地はこの路線価と面積さえわかればすぐに評価額を出せることから、路線価を知ることは売主にとって大切なことといえるでしょう。

路線価には「固定資産税路線価」と「相続税路線価」の2種類があります。「固定資産税路線価」は公示地価のおよそ7割、「相続税路線価」は公示地価のおよそ8割です。

公示地価とは何かというと、国土交通省が定める場所の価格を公にしたものです。この価格を公にした場所を「標準地」といい、路線価と同様に土地売却価格の指標にされます。そして路線価はその公示地価を基準に算出される指標なのです。ちなみに路線価は公示地価のように標準地を決めることはなく、道路に設定されます。そのため、路線価が出された道路に近い土地ほど正確な土地売却価格を知ることができます。

ただ路線価はあくまでも土地売却価格の指標にすぎず、参考にはなれどその額をそのまま土地売却価格として扱うことはできません。なぜかというと、路線価が公表されるまでにある程度の期間を要するからです。土地売却価格は常に変動している価格なので、当然路線価が公表された時には実際の土地は違う価格になっています。ちなみに路線価は公示地価よりも公表が遅れる特徴があります。

「固定資産税路線価」が公示地価のおよそ7割で、「相続税路線価」が公示地価のおよそ8割であるならば、「固定資産税路線価」を0.7で割るか、もしくは「相続税路線価」を0.8で割れば、公示地価に近い額を出すことができるということになります。そのため、路線価がわかっているのなら路線価をそのまま利用するのではなく、公示地価に計算し直してから指標にする方が正確です。もっとも、公示地価も決してリアルタイムの数字というわけではなく、ある程度の期間を置いてから公表されていることに注意しなければなりません。

以上が土地売却価格と路線価の関係となりますが、正確性でいえば路線価や公示地価を参考にするよりも最近の土地取引データを集めたり、査定を受けて直接自分が売りたい土地の価格を出したりすることの方が上です。しかし、路線価はそれらの方法と比べて手軽に確認できるメリットがあるので、そのメリットを活かして扱っていくといいでしょう。

⇒ あなたの土地を最も高く見積もってくれる業者は?一括見積もりはコチラ!


Copyright (C) 2017 土地売却のバイブル【※好条件で土地を売るために】 All Rights Reserved.