土地売却の相談は弁護士?司法書士?

土地売却のバイブルTOP >> コラム >> 土地売却の相談は弁護士?司法書士?

土地売却の相談は弁護士?司法書士?

土地売却の相談は弁護士にも司法書士にも行うことができます。弁護士・司法書士は法律でその業務内容が定められており、土地売却に関わるサポートもそのひとつに含まれているからです。そのため、どちらを選んでも売主が納得いけばいいのですが、一般的には司法書士に依頼するケースが多いです。弁護士は裁判と関わりのある件で利用されることが多いので、なかなか土地売却の時に依頼しようと思う人がいないのかもしれません。

では弁護士・司法書士は土地売却で何をしてくれるかというと、まず土地の事前調査があげられます。事前調査というのは関係書類に目を通したり、法的に土地の所有権の移動が問題ないかどうかをチェックしたり、土地売買における違法行為は見当たらないか調べたりすることを指します。そのため、売主や不動産会社は弁護士・司法書士に対して資料や情報の提供は惜しまないようにしなければなりません。また時には直接土地がどのような状態なのかを確認することもあります。

事前調査が終わった後は登記にかかる費用や必要書類を依頼主に教えてくれます。それから必要書類をそろえる業務が始まります。ケースによっては入手・作成が面倒な書類もありますが、弁護士・司法書士はプロフェッショナルなので、依頼すればスムーズにそれらの作業を済ませてくれます。

上記の手続きが終わった後は立会いを行います。土地の売却代金の支払いは買主・売主の意思も重要ですが、依頼した弁護士・司法書士が許可しなければ行うことができません。それだけに責任も重く、弁護士・司法書士がついているにもかかわらず、売主に損害が出た場合、その賠償請求を行うこともできます。無事立会いが済み、弁護士・司法書士による登記手続き、事後処理も終えれば依頼業務は完了です。

土地売却によっては事情が複雑でトラブルが起こりやすいケースもあります。たとえば土地に抵当権がついていたり、相続のために土地売却するケースなどがあげられます。そういった時は法務やトラブルに強い弁護士が利用されることも多いです。

司法書士に関しては仲介する不動産会社が用意することもあります。特にこだわりがない人は自分で選ばずにその司法書士を利用することが多いです。また土地売買において費用を多くかけるのは買主なので、売主よりも買主の方が司法書士の存在が大切になります。ちなみに弁護士や司法書士に依頼すると当然費用がかかりますが、費用に応じた働きをしてくれるものなので、安ければいいというわけではありません。

⇒ あなたの土地を最も高く見積もってくれる業者は?一括見積もりはコチラ!


Copyright (C) 2017 土地売却のバイブル【※好条件で土地を売るために】 All Rights Reserved.