土地売却時に必要な測量とその費用

土地売却のバイブルTOP >> 土地売却の基礎 >> 土地売却時に必要な測量とその費用

土地売却時に必要な測量とその費用

土地を売却する時はまず土地の測量が必要です。測量をしなければならないという決まりがあるわけではありませんが、実際には土地の購入希望者が測量を求めることが多く、それを拒否することは難しいです。昔は土地の登記簿にある面積を参考にして取引していましたが、現在は不要なトラブルを避けるために一から測量するのが当たり前になっています。

特に土地の測量をしておいた方がいいケースについてですが、たとえば土地の境界に塀・フェンスといった仕切りや杭がなかったり、地価が高かったり、土地を使って物納したりする場合が当てはまります。逆に土地の測量をしなくてもいいケースもあり、それには土地があまりに広い時などがあげられます。土地があまりに広いと測量にかかる費用が高くなってしまうので、登記簿にある面積を参考に取引を行うことが多いです。また地価が低い場合は多少土地面積が曖昧になったところで気にする必要がないので、測量を省くこともあります。

土地の測量は土地家屋調査士というプロフェッショナルに任せることになります。自分で探す必要はなく、不動産仲介業者が紹介する人に依頼すればOKです。あまり依頼する土地家屋調査士にこだわる人はいないので、不動産仲介業者が自動で測量をセッティングすることも多いです。もちろんこだわりたい場合は不動産仲介業者にその旨を伝え、自分で依頼先を決めることもできます。

費用は一般的なもので30万円〜50万円程度です。条件次第ではこれよりさらに高額になることもあります。たとえば官民が立ち会ったり、測量難度の高い面積・形の土地だったり、印鑑証明書を取得しなければならなかったりといったケースだと高額になることを覚悟する必要があります。

測量費用は誰が支払うかというと、これについても決まりはなく、取引相手と相談しながら決めていくことになります。ただ基本的には売主が負担します。なぜかというと、測量が済んでいなければそもそも買おうと思う買主が現れない傾向にあるからです。もちろんどうしても買いたい土地があり、早く測量を済ませてほしいという時には買主が費用を支払うこともあります。

測量の流れについてですが、まず資料の調査が行われます。この調査で公的な資料や境界トラブル、費用の見積りなどの詳細を把握することになります。それから隣接する土地の所有者へ挨拶を済ませ、測量を行います。土地の境界を確認し、測量を終えたら境界杭を埋め、作業は終了です。

⇒ あなたの土地を最も高く見積もってくれる業者は?一括見積もりはコチラ!


Copyright (C) 2017 土地売却のバイブル【※好条件で土地を売るために】 All Rights Reserved.