古家つきと更地のどちらが有利か

土地売却のバイブルTOP >> 土地売却の基礎 >> 古家つきと更地のどちらが有利か

古家つきと更地のどちらが有利か

古家つきと更地のどちらが有利かという話についてですが、土地を高く売るのなら基本的には更地の方が有利です。なにしろ何もないまっさらな土地である方が買主が買った後に自由にその土地を活用することができるからです。古屋が建っていた場合、一度その古屋を取り壊さなければならないので、買主にとっては費用や手間が余計にかかってしまうことになります。そのため、買主によっては古家つきはNGで、更地の土地を売買の条件につけていることも珍しくありません。

ただ古家つきの土地の方を好む買主もいます。たとえば、購入後、古家にそのまま住むことを考えているケースがあげられます。新しく一戸建てを建てると非常に高額の費用がかかってしまうので、コストを抑えるために古家にそのまま住むことは合理的です。

それからそのまま住むことはないとしても、リフォームやリノベーションにより、古家に手を加えてから住みたいという買主もいます。これも新築一戸建てよりも低コストで済むという理由からです。特に近年は中古住宅を買ってリフォームやリノベーションを施すスタイルが流行しているので、ニーズは大きいはずです。

以上のことから、買主のニーズによっては更地よりも古家つきの土地の方が有利・高く売れるということがあるのです。また古家を解体する場合、当然売主はその解体工事費用を支払うことになります。支払った解体工事費用の分だけ土地の価格も引き上げるのが普通ですが、それでも収益が得づらくなることは覚悟しなければならないので、そういった点では不利になります。

安全策でいくとすればまず古家つきの土地を使って販売活動をし、古家つきの土地を求める買主がいないか探してみるのがいいでしょう。そして古家つきの土地を求める買主がいなかったり、更地なら買いたいという買主がいたりした場合にはじめて解体工事を検討すればいいのです。重要なのは土地を売るなら古家つきもしくは更地の方が絶対いい!というふうに決め付けないことです。

ただ売主によっては古家の解体工事費用の資金を用意できないこともあるかもしれません。その場合は更地で売るという選択肢ははじめからなくなり、古家つきで土地を売ることに全力を傾けることになります。こういった売り方は決して悪いわけではないので、資金がない場合は参考にしてみてください。また古家を残しておくことには売主にとって土地の固定資産税が安くなるというメリットもあります。

⇒ あなたの土地を最も高く見積もってくれる業者は?一括見積もりはコチラ!


Copyright (C) 2017 土地売却のバイブル【※好条件で土地を売るために】 All Rights Reserved.