土地売却に必要な平均期間

土地売却のバイブルTOP >> 土地売却の基礎 >> 土地売却に必要な平均期間

土地売却に必要な平均期間

土地売却にかかる期間は人それぞれであり、一概にはいえません。しかし平均すると3ヶ月は必要になることが多いです。なぜかというと、3ヶ月は不動産会社との契約期間だからです。つまり、不動産会社としては(もちろん売主本人も)この3ヶ月以内になんとしても売却を済ませたいと思うものなので、ラストチャンスである3ヶ月目になると力の入り方も変わってくるわけです。

売主からすれば早く売れないとしてもどれくらいの期間で土地が売れるのか見通しがほしいものです。しかし、平均では3ヶ月だとしても、実際には1週間以内に売却できることもあれば、1年経ってもまだ売れないということもあります。そのため、売れるまでの期間にこだわりがなければ、期間のことよりも満足いく価格で売却することに専念した方がいいかもしれません。売れるまでの期間にこだわりがある場合は具体的に「何ヶ月以内」と目標設定をすることが大切です。

いくら売主が「土地を売りたい!」と思っても買主が見つからなければ土地の売却はできません。そのため、買主の事情を知ることも土地売却の期間を把握するのに重要なことです。不動産取引が活発になる時期は春頃ですが、基本的には1年を通して土地購入に意欲的な買主は存在します。成約までには至らなかったとしても、短期間で内見や質問の問い合わせが来ることは珍しくありません。そのチャンスをうまくつかめば早めに土地売却が決まることも望めます。

もし内見や質問の問い合わせがなかなか来なかったり、長期間成約できずにいる場合、売り出している土地が購入者のニーズに合っていない可能性があります。基本的に立地のいい土地や活用性が高い土地ほど人気なので、人気がないということはそれらの条件にそぐわない土地なのかもしれません。その場合は早めに原因を探り、不動産会社と相談しながら対策を練っていく必要があります。

また売主や売り出す土地には問題がなく、すぐに買主がついたとしてもまだまだ油断は禁物です。というのも、買主によっては土地の売買契約を済ませた後、住宅ローンを組むことがあるからです。住宅ローンは非常に大規模なローンなので、どうしても手続きや審査に時間がかかります。近年は多くの金融機関でスピーディーな手続き・審査の住宅ローンが展開されていますが、実際に貸付が行われるまでに1ヶ月以上はかかると考えておいていいでしょう。これについては売主はどうしようもないので、早く済むよう祈るしかありません。

⇒ あなたの土地を最も高く見積もってくれる業者は?一括見積もりはコチラ!


Copyright (C) 2017 土地売却のバイブル【※好条件で土地を売るために】 All Rights Reserved.